濤瀾会会則

1 名称

本会は、山口大学ヨット部濤瀾会と称する。


2 目的

本会は、山口大学ヨット部卒業生の親睦をはかり、合わせてヨット部の発展に協力する。


3 事業

本会の目的を達成するために次の事業を行う。

イ OB会、OB戦の開催

ロ その他本会の目的に資する事業


4 事務局

イ 本会の事務局は、山口大学ヨット部艇庫宿泊所内に置く。

ロ 事務局は次の係より構成する。 総括・庶務・会計・連絡

ハ 各係には幹事を置く。


5 会員

イ 正会員 山口大学ヨット部卒業生

ロ 特別会員 本会の顧問経験者

ハ 名誉会員 本会に対して功労のあった者


6 顧問

本会に顧問を置く。

イ 顧問は、山口大学ヨット部部長及び顧問教官をもってあてる。

ロ 顧問は本会の目的達成に関する重要事項につき会長の諮問に応える。


7 会友

本会に会友を置く。

山口大学ヨット部の育成と発展に多大の貢献をされ、本会に入会を同意された人を会友として迎える。


8 会長及び幹事等

イ 会長は、会員の互選により選出する。任期は二年とし、再任は妨げない。(13ハ参照)

ロ 会長は、会員の中から4条及び9条に規定する幹事を指名し、本会の運営に当たらせる。

ハ 会長は、必要がある場合は、会員の中から前項以外の幹事を指名し、本会の運営に当たらせることができる。

ニ 幹事は年度末にその年度の活動報告及び年度の活動計画を会長に提出する。

ホ 会長不在の場合には、幹事の互選により代表幹事を置く。

ヘ 会長は会員の中から監査委員を指名し、本会の会計を監査せしめる。


9 支部

イ 会員が複数名集合し、親睦をはかることができると認められた地域には支部を置く。

ロ 支部の運営については、支部で定める。

ハ 支部には幹事として支部長を置き、その運営に当たらせる。

ニ 支部長は、支部の会員の中から副支部長を指名することができる。副支部長は、支部長の補佐を行うものとする。

ホ 支部を統括する幹事として支部統括部長を置き、各支部の活動の支援を行う。


10 会員

イ 年会費は、個人会員四千円、夫婦会員六千円とする。

ロ 会費の納入は原則として四月末日までに口座振替にて行うものとする。


11 会計年度

本会の会計年度は、毎年四月一日に始まり、翌年の三月三十一日に終わる。


12 会則等の変更

本会の会則及び会費等は会長並びに全幹事の過半数の同意により変更できる。


13 付則

イ 次の地域を「支部」とする。関東・近畿・中国・九州

ロ この会則は昭和五十六年四月一日から施行する。

  平成六年四月一日一部改正

  平成十五年八月一日一部改正

  平成二十九年四月一日一部改正

ハ 会長の任期は原則二期四年とし、最大でも三期六年とする。



Copyright (C) Yamaguchi Univ. Yacht Club

inserted by FC2 system